【原ちとせ】四十路熟女の看護師長は尻が性感帯のドMと気づいた入院患者

【原ちとせ】四十路熟女の看護師長は尻が性感帯のドMと気づいた入院患者 00:00
投稿日
2019年11月15日
女優年代
キーワード
熟女専門無料エロ動画 熟女のワレメ

女優:原ちとせ。四十路熟女のナース物アダルト動画。お尻を見ればその女の性癖がわかる…。そんな特技を持つ男は日頃の不摂生のために入院することになり、その病院の熟女看護師長のお尻にちょっかいを出している。スカートからチラ見えの太ももの先を思い浮かべ、柔らかな尻肉を叩いてみたのですが、抵抗しながらも逃げようとはせず、スカートをまくり上げられ黒パンティーストッキングに包まれたボリューミーなヒップが丸出しになったのです。その反応を見ていると「ドM女」だとすぐに分かりました。深夜になると仮眠をしている四十路ナースの元を入院仲間と訪ね、生尻を拝んでやったのです。パンティーを食い込ませた黒窄みのアナルがチラチラと見える。その奥の肉ヒダは発情したように赤く、その上しっとりと愛液を滲ませ濡れていました。指を突っ込まれて膣内をかき回されると、ビクビクと腰を痙攣させながら感じているではありませんか。「指がどこに入っているのか言ってごらん」そう言うと「恥ずかしいです」と答えました。しかしその瞬間、膣に圧力がかかり感じていることがよくわかりました。これはもう男根を欲しがっているなと、入院仲間と二人で看護師長にドスケベなことをしてやろうと思いました。四十路の熟れた尻は、今が絶好の食べ頃でしょう…。

『なぜならばお尻がマゾだと言っている ~強がり熟女 第2病棟ベテラン婦長 ちとせサンの場合~ 原ちとせ』 この動画の高画質完全版はコチラ

 

 
関連動画:【原ちとせ】娘の彼氏に中出しさせてしまった四十路お母さん!