処女の肛門まで責められる50代素人熟女の拘束目隠しプレイ

投稿日 2021年07月16日
女優年代
キーワード アナル拘束素人

赤縄で緊縛され、目隠しまでされた全裸の素人おばさん。初めて経験するアナルでの2穴プレイに狂乱する五十路熟女の濃密ファック。
湯船に浸りながら微笑む50代の人妻。旦那とは離婚してバツイチ。恋人もセフレもいない生活が長いという。久しぶりに見た男性器。竿を握ってシコシコと擦り上げ、大きく膨張していく様子を嬉しそうに見つめている。潜望鏡。腰を浮かせた男の太ももにしがみつきながら潜望鏡フェラ。目を閉じて久々に舐めたチンポを貪る。亀頭へ舌を這わせ、滲み出てくるカウパー液を舐め取る。男は堪えきれず、バツイチ熟女へ精液を浴びせかけた。その後は目隠しをされ、赤い縄で亀甲縛りに拘束。体中に舌を這い回わらせる前戯に悶えあえぐ。四つん這いにされてむき出しになったヴァージンアナル。縄からはみ出した乳首がちぎれそうなほどに引っ張られる。痛みと快感の狭間の中で熟女の体がどんどんと疼きだす。男は2本のバイブを取り出し、肛門とおまんこを責めた。イきたくてもイかせてもらえない寸止めプレイ。散々じらしまくり、正常位で合体。やっとハメてもらえた喜びに背筋に快感が駆け回る。卑猥な言葉で責められながら、絶頂へと向かう五十路熟女だった。