【内原美智子】聖母のような還暦義母の閉経おまんこへ中出し射精

投稿日 2021年09月13日
女優年代
キーワード エロドラマ内原美智子寝取られ巨乳未亡人義母

内原美智子。「妻よりも…お義母さんのほうがずっと気持ちいいです…!」六十路熟女の未亡人義母と娘婿が肉体関係を持ってしまう義理母子相姦エロドラマ。
顔を合わせれば言い争いばかりして喧嘩する息子夫婦がセックスレス状態になっていった。子供が欲しいとは思っているがなかなかうまくいかない。心が疲れ果てた娘婿に優しい言葉をかける60歳の嫁母。聖母のような優しい義母に心が癒される婿。しかしそれと同時に、溜まりに溜まった性欲が還暦熟女の美しい姑へと向いたのだった。義理母子は風呂に一緒に入ると、体を泡をまみれにさせて撫で回す。次第に手のひらは陰部に滑り、陰核を刺激し始める。スケベな声をあげながら娘婿の手技に悶え、舌を絡み合わせてよだれを垂れ流す。亀頭に我慢汁が滲むチンポを咥え込み、ブチュ…ニュチュ…といやらしい音を鳴らしながらフェラチオに没頭する還暦未亡人。気持ちよすぎる濃厚フェラで、娘婿はアッという間に義母の口の中に精液を射精してしまった。その後も二人の性欲は歯止めが掛からずエスカレートしていく。ある昼下がり、部屋の掃除をしている義母に優しく声をかける婿。息掃除の手伝いをすると言いつつ、熟れた六十路の肉体を舐め回す。「映画でも見てきたらどうだ?」男は嫁にそう話しかける。「いいの?」奥さんは嬉しそうに出かけていった。これで邪魔者はいない。ディープキスをしながら熟した巨乳をまさぐりまくる。思う存分四肢を絡め合い、乳首をいやらしく舐めた。二人はそのまま布団に倒れ込むと、生チンポをワレメに挿入して激しく腰を振った。そしてたっぷりと義母の膣内に中出しで精液を注ぎ込んだのだった。
 

高画質・完全版はこちら
KAAD-21 我が家の美しい姑 内原美智子
我が家の美しい姑 内原美智子