【竹内梨恵】清楚だと思っていた親戚の五十路おばさんのスケべな一面

投稿日2017年12月27日
女優年代
キーワード叔母巨乳竹内梨恵

『僕をこっそり誘惑する親戚の梨恵おばさん 竹内梨恵』別居中の両親の手伝いをしようと親戚の五十路おばさんがやってきた。しかしこの親戚の叔母さんがとんでもないスケベ面、ことあるごとに僕を誘ってくるのだ。そしてある、夜とうとうおばさんは僕の唇を奪った。そして、垂れてはいるが豊満な巨乳を武器に、女性経験が少ない僕を手玉にとった。全裸になれば白い釣鐘型の胸、先っぽはあんずのように色づいてとてもいやらしかった。顔面騎乗でまたがられると、事前に舌先が動いてしまう。口の中には五十路のスケベ汁の味がした。おばさんは僕のあそこを形を確かめるようにじっくりと見ながら、優しく握りしめて激しくしゃぶった。吸い付くような桃尻の奥の、怪しげな割れ目に飲み込まれていく……僕の腰が勝手に動き出す。大股開きで誘われると断れるはずもなく、催眠術にでもかかったように、おばさんのあそこへ突進した。抱きしめると吸い付くような肌、絡みついてくる肉ビラ、あっという間に精液がせり上がってきた。おばさんはまだ楽しみたいのか、イクことを許してもらえず、暴発寸前のあそこを焦らすようにピストンで弄んだ……。