【一条綺美香】夫婦の寝室を抜け出して息子とSEXするアラフィフ母

投稿日 2021年08月19日
女優年代
キーワード 一条綺美香夜這い巨乳母子相姦筆おろし美魔女近親相姦

一条綺美香。48歳の美しい母親に筆おろしをしてもらった息子。歯止めが効かなくなり、夫婦の寝室を抜け出して息子と交尾する四十路熟女の近親相姦。
両親が眠る寝室に向かい、母親を起こして自室へ連れ込む息子。子供部屋に入ると、我が子と唇を重ね合う48歳の母親。息子の溢れる性欲と硬いペニスが愛おしくて毎夜部屋へと通うのだった。息子も熟女母の色気に勃起が止まらなかった。柔らかい巨乳に吸い付いては乳首を転がして固くする。太ももからゆっくりと舌で愛撫して進み、中央のスケベな窪みに指を沈ませた。母も期待にアソコを濡らして体を委ねて快感に浸って、布越しの愛撫におまんこから愛液が溢れて止まらない。生のおまんこを舐めまくり、クリトリスを高速で擦ると体を仰け反らせて感じてしまう。それでも蠢く舌は止まらずに延々と突き回す。気持ち良くてぐったりとしてしまった熟女母は息子のチンポをしゃぶろうと縋り付き、仁王立ちのまま母のイヤらしいフェラチオを眺めていた。頬を凹ませて女の顔をする母に熱り立って膨れ上がるペニス、欲望の限りを尽くして息子の全身を舐め回して愛してくれる母。ヒク付く肉襞をシックスナインの体制で顔面にこすりつけ、息子も母のスケベさに嬉しくなって穴を目掛けて舌を突っ込んだ。セックスの準備万端のスケベ親子は、近親相姦という罪に溺れていき、毎夜腰を振こすりつけて快感の虜になっていった。
 

高画質・完全版はこちら
DVDMS-152 母子相姦 日頃から気になって仕方ない母の無防備なブラチラとピタパン尻

母姦 過激生投稿 日頃から気になって仕方ない母の無防備なブラチラとピタパン尻に童貞息子の欲望が爆発 家族の目を盗んで撮影された筆おろし近親相姦映像を完全収録