力ずくの和姦 セックスに飢えていた四十路人妻に眼をつけた新聞屋

投稿日 2021年10月01日
女優年代
キーワード エロドラマムッチリレイプ伊織涼子巨乳巨尻痙攣

伊織涼子。新聞屋の変質的な男に犯された四十路熟女。しかしSEXに飢えていた人妻が男を受け入れ、強姦から和姦に変わっていく不倫エロドラマ
夫婦の営みがなくなって数年が経過。体はいやらしいことをしたがっているのに相手が居ない。そんな悶々とした毎日を過ごしている人妻は、異様な雰囲気の新聞屋に体を狙われていた。玄関口に佇む新聞屋に突然襲われた人妻、上がり込んだ台所で壁に手をつかされてエプロンをまくられた。ムッチリと熟した巨尻の谷間に顔を突っ込み、ブルブルと激しい愛撫をしている。あっという間にパンツを下ろされ破廉恥なワレメが丸見えになった。そこに唾液を流し込み、突然ちんぽを突っ込んできた。一発一発が子宮の入り口まで届くような深く重たいピストン。口では「止めて」と言いながらも、肉体は快楽で痙攣を起こす。おまんこからは、ラブジュースが垂れ流れていく。テーブルにしがみついてバックで激しく腰を振られる。ギシギシと激しく音が鳴るテーブルの上で、いやらしい声が止まらない巨乳熟女。長い間、性行為から遠ざかっていた。欲求不満が続いていた状態から、いきなり激しいセックス。快感で頭が朦朧としてくる四十路人妻。もはやこれはレイプではなく和姦。新聞屋の激しく腰を振りは更に熾烈になっていく。セックスに飢えていた四十路熟女は心の底ではこれを待ちわびていたのだ…。
 

高画質・完全版はこちら
NSPS-517 感じてしまった力づくの和姦体験談2
感じてしまった・・ 力づくの和姦体験談2