SEXのやり方すら忘れかけていた四十路未亡人の第二処女喪失ドキュメント

投稿日2022年06月22日
女優年代
キーワードハメ撮り中出し新尾きり子未亡人潮吹き痙攣貧乳

新尾きり子。40代半ばの貧乳未亡人がセカンドヴァージンを喪失する中出しハメ撮りドキュメント。
子供が生まれてすぐに旦那が亡くなり、二十年間未亡人として過ごしていた。初めの頃は悲しみと育児の忙しさにかまけて性欲をおろそかにしていたが、だんだんと時間に余裕ができてくるとオナニーをするようになったという。そしてとうとう子供が手を離れた時に、もう一度抱かれたいという四十五歳の願いが生まれた。その夢を叶えようとアダルトビデオに出演することを決意したのだ。早速呼ばれた男優にキスをされるとまるで少女のような反応をする。キスをされるだけで顔を赤らめてしまう熟女の可愛らしさ、ベッドでは胸を弄られるのも恥ずかしくてたまらないようだ。ゆっくりと時間をかけて下着の上から愛撫をして、小さめの乳房を優しく撫でて舌を這わせる。敏感な乳首を舐められるだけで熟女は喘ぎ声を上げた。長年自分の指だけで慰めていた秘部は男優の激しいテクニックに潮を吹きながらオーガズムに達する。びっしょりと濡れたパンティを脱がされて、しつこいくらいのクンニをされる。オナニーとは違う快感に何度もオーガズムに達し、意識を失いそうになっていた。久しぶりに見るチンポにドキドキとしながらもアソコから愛液を滲ませる。ゆっくりと舌先で亀頭を味わいながら男優の大きい肉棒を咥え込んだ。さらに膨れ上がった男のペニスが長年ご無沙汰だった陰部に添えられる。ズッポリと奥まで突き刺さるやいなや、熟女はセックスの快感に喘いで息が止まるほどに感じるのだった。
 

高画質・完全版はこちら
キネマ座 第二処女喪失ドキュメントシーズン7
第二処女喪失ドキュメント シーズン7