おでん屋女将の修行をする五十路未亡人に突きつけられる鬼畜なエロ研修

投稿日 2021年06月30日
女優年代
キーワード エロドラマ友人の母安野由美未亡人美魔女

おでん屋を開業するために、修行にいった店の鬼畜なエロ修行に耐える五十路美魔女のエロドラマ。安野由美。
50代とは思えないほど若々しく美しい美魔女。そんな可憐な未亡人の着物をはだけさせ、丸出しになった尻を撫で回す中年のハゲ男。四つん這いにさせられ、アナルまで全開の恥ずかしい姿。アナルのシワを伸ばしながら桃尻に顔を埋めて舐め回す変態。この男はこの店の店長。美熟女はおでん屋を始める準備として、この店で女将の修行中だった。逆らえない美熟女の股間に酒を注ぎ込み、わかめ酒まで堪能し始める鬼畜男。極太に膨張したペニ棒を未亡人に突きつける。ここまで頑張って耐えてきて、女将修行を打ち切られるわけにはいかない。未亡人は目の前に突きつけられた男根を掴む。手コキをし、男根を飲み込み頭を前後に振った。このフェラチオで口内射精をさせ、この日の仕事を終えた。明くる日、息子の友達がこの店にやってきた。店主とこの青年の父親が懇意の仲だという。「この子まだ童貞だから女を教えてやってよ」店長はまたとんでもない要求を女将修行の未亡人に突きつける。当然逆らうことが出来ない。こうして童貞青年は、友人の母親でもあるこの未亡人から性行為の手ほどきを受ける。キスから始まり、オッパイや女性器の愛撫へと過激さを増していく。そして足コキまで命じられる。亀頭から我慢汁が滲み出すとフェラチオの要求。熱い精液を噴き出させ、お掃除フェラで一滴残らず精液を飲み込んで綺麗にする五十路未亡人だった…。
 

高画質・完全版はこちら
幸福をもたらす下町のおでん屋さんの女将さん 5 安野由美